こどもから大人まで

地域の健康に貢献

小児科の特徴

小児科専門医、小児神経専門医として20年間務めた経験をへて、こどもたちと乳児期から学童、学生まで長く関わっていくことができたら、という思いから、御所南でのクリニック開設にいたりました。地域のこどもたちが健やかに過ごせますように。そのお手伝いを、当院スタッフと一緒にさせていただきたいと思っております。

 

一般外来に加え、感染症やアレルギーの診察、神経発達外来、予防接種、乳幼児健診を行います。

 

内科の特徴

一般内科と、糖尿病、肥満症、痛風、高血圧症、脂質異常血症など生活習慣病や、内分泌疾患、骨粗鬆症、認知症を診療します。

京都大学医学部附属病院では、糖尿病患者さんを最も多く担当していた経験を活かし、1型糖尿病、2型糖尿病、その他の糖尿病、さらに、妊娠中に血糖値が高くなる妊娠糖尿病まで広く診療します。

九州大学医学部附属病院では、自己免疫疾患・関節リウマチの診療を担当し、また、岡山大学医学部附属病院では、呼吸器科医のトレーニングを積んだ経験から、体調不良でお困りの方のご相談や、地域連携を介してクリニックや病院の専門医をご紹介します。

 

また、フットケアや糖尿病腎症に対する生活指導も行います。とくに土曜日は、内科診療に加え、糖尿病ケア外来を行います。専門性の高い看護師(京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻)や管理栄養士が、糖尿病などの生活習慣病に対して、食事療法や運動療法、日常生活に合わせた生活調整をサポートします。プライバシーの守れる場所で、1対1で支援します