「御所南はらしまクリニック」

京都市営地下鉄烏丸線「丸太町駅」 5番出口から徒歩約3分

京都市営地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池駅」1番出口から徒歩約10分 

京都市営バス「烏丸丸太町」バス停から徒歩約3分

内科・糖尿病内科:

原島 伸一(はらしま しんいち) 医学博士 総合内科専門医・糖尿病専門医・指導医、Best Doctors 

小児科 :

原島 知恵(はらしま ちえ)  小児科専門医・小児神経専門医


Web予約できます!

☎ & 📠

Tel:代表・小児科 (075) 606-5472  (ごしんぱいなに?)

内科・糖尿病 (075) 606-5473

(ごしんぱいないさ)

Fax: (075) 606-5479

(ごしんぱいなく)

内科の予防接種の予約は、電話か予約サイトのワクチン予約枠からお願いします。

診察予約枠からのご予約では予防接種の準備ができませんのでご注意ください。

小児科も、お電話頂くかワクチン予約サイトからご予約ください。



新着情報

インフルエンザワクチンの受付は終了しました。

2月の土曜日は毎週オープンの予定です。

2月7日(木)は、内科の受付時間は17時、診療時間は17時30分となります。

フットケア外来が本格的に始動しました!

 

小児科ホームページを作成。是非、ご覧ください!

 

内科のワクチン予約も、小児科と同様に、お電話頂くか、Web予約のワクチン予約枠からご予約をお願いします(一般診察のご予約からではワクチンの準備ができませんのでご注意ください)。

 

下記サイトに紹介されています。口コミも受付中です。

病院ナビドクターズファイルCalooGoogleスクエルウイメンズパークMedical Note

糖尿病ネットワークMEDELY医者どこ.netここカラダ京都健康医療よろずネットYAHOO

 

各種ワクチンの接種も行っています。

糖尿病ケア外来・妊娠糖尿病外来を実施中!

あなたの足、腎臓は大丈夫ですか?

専門の看護師、栄養士が、糖尿病を始め生活習慣病に対して、日常生活での注意点、改善点をアドバイスします。とくに足のケア(フットケア)、腎臓病の進展予防に役立ちます。

小児の頭痛と夜尿症のご相談を受け付けています。

妊娠糖尿病外来も随時実施中。

休診情報

 

1月の土曜日は、19日のみ休診で、5日、12日、26日はオープンしています。

2月の土曜日は毎週オープンの予定です。

診療時間

受付時間 午前診 9:00~11:45     午後診 13:00~17:45

小児科

診察  月   火   水   木   金   土  日・祝日
午前 9:00 ~ 12:00 O O O O

O

予約 13:00 ~ 15:00

O O O O

午後 15:00 ~ 18:00

O O O O

/ 

/ 

予防接種、乳幼児健診、神経発達外来は予約診で主に行います。予約診以外の診察もできます。

ただし、事前にご予約頂ければ、予防接種の時間はご都合に合わせられます。お問い合わせください。

内科

診察  月   火   水   木   金   土  日・祝日

午前 9:00 ~ 12:00

O O O O

O 

午後 13:00 ~ 18:00

O O O O

/ 

/ 

土曜日は、内科診療に加え、糖尿病ケア外来を行います。

専門性の高い看護師、栄養士が、糖尿病などの生活習慣病に対して、食事療法や運動療法、日常生活に合わせた生活調整をサポートします。プライバシーの守れる場所で、1対1で支援します

看護師によるケア外来は、京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻(看護学)の教官で、日本糖尿病療養指導士の資格を有する看護師が担当します。是非、ご相談ください。

外来受付時間・内容等について、ホームページの情報と異なる場合があります。

休診日:水曜、日曜・祝日、盆8/13~8/16、年末12/30~1/3

※土曜は午前中の診療を行います。オープン日は学会出張や委員会等で不定期になります。

※曜日や診察時間は変更することがあります。

夜間・休日などで急な受診が必要な場合

かかりつけの患者様で、急な病気でご相談が必要な方は、当院代表電話075-606-5472までお電話ください。留守番電話になっている場合は最後までお聞き頂き、午後10時まででしたら携帯電話までご連絡ください。

夜間や休日などの当院診療時間外に喘息発作や高熱などで急な病気で受診が必要になった方は、連携先医療機関にご相談ください。連携先医療機関は、京都第二赤十字病院(075-212-6119)洛和会丸太町病院(075-801-0351)です。京大病院と連携中の患者様は、京大病院の受診(075-751-3111)もできます。

なお、営業や広告、宣伝など急な病態の変化以外のお問合せは、患者さんからのお電話の迷惑になりますので慎んでください。お問い合わせ内容は記録しますのでご理解ください。