御所南はらしまクリニックが開設した2018年10月1日(月)以降の院長の活動報告です。

過去(2018年9月30日(日)まで)の活動報告はこちら

研究活動

高齢者糖尿病の研究

糖尿病患者さんの約6割は65歳以上の高齢者です。糖尿病の高齢者は一般の高齢者に比べフレイルやサルコペニアになりやすいとされています。私たちは、糖尿病の方に特有なフレイルやサルコペニアのリスク因子を見いだし、男女別に違いがあることを発見しました。論文がアクセプトされました!

また、次のステップとして多施設共同研究を実施しています。多くの皆さまのご協力をお待ちしています。是非研究にご協力ください。

妊娠糖尿病・産後うつの研究

妊娠糖尿病が増えているとされている中、正常妊婦さんにおいても、全妊娠期間を通しての血糖値の変化や分娩時の連続的な血糖値の変化は明らかではありません。現在、京都大学医学部附属病院産科と京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻と共同で臨床研究や基礎研究を始めています。

研究にご協力頂ける妊婦さんを募集しています。クリニックまでお問い合わせください。



栄養の臨床研究

2つのテーマで研究を行っています。

1つは、乳清(ホエイ)が食後血糖上昇の抑制作用がある点で、雑誌でも紹介されています。

もう1つは、肺移植と栄養との関係で、現在論文投稿しています。

ミルク酢の効果が公開されました

https://www.karadane.jp/articles/entry/news/007733/

肥満と食行動の研究

20~40歳の女性を対象に、食行動パターンと肥満との関連について研究し、論文投稿中です。

体格指数BMIが25以上の女性の方で、ご自身の食行動パターンが知りたい方は、研究にご協力ください。被験者を募集しています。


インスリン分泌の研究

SKIPという分子に着目し、インスリンやインクレチン分泌との関連を研究しています。

現在論文投稿中です。

ホエイの血糖上昇抑制効果

普通に炊いた白米とホエイで炊いた白米を食べた場合では、血糖上昇作用が異なりました。

正常耐糖能者11名の検討


学会活動

日本糖尿病・妊娠学会

11月23日(金)・24日(土)

第34回の学会で3つの発表を行いました。

糖代謝異常合併妊娠の分娩時血糖管理における持続インスリン療法標準化の試み

京都大学医学部附属病院産婦人科 1)、京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 2)、御所南はらしまクリニック3)

冨村 華蓮 1)、千草 義継 1)、近藤 英治 1)、西村 亜希子 2)、古田 真里枝 2)、原島 伸一 2)3)

正常耐糖能妊婦の血糖変化:flash glucose monitoring を用いたケースシリーズ

京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 1)、社会福祉法人賛育会 賛育会病院看護部 2)、 京都大学医学部附属病院産婦人科 3)、国立成育医療研究センター看護部 4)、御所南はらしまクリニック5)

前野 実香 1)2)、西村 亜希子 1)、古田 真里枝 1)、千草 義継 3)、近藤 英治 3)、深見 円雅4)、原島伸一1)5)

正常耐糖能産褥婦の分娩時の血糖変動:FGM を用いたケースシリーズ

京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 1)、国立成育医療研究センター看護部 2) 京都大学医学部附属病院産婦人科 3)、社会福祉法人賛育会 賛育会病院看護部 4)、御所南はらしまクリニック5)

深見 円雅 1)2)、西村 亜希子 1)、古田 真里枝 1)、千草 義継 3)、近藤 英治 3)、前野 実香 1)4)、 原島 伸一 1)5)

第33回日本糖尿病合併症学会・第24回日本糖尿病眼学会

10月19日(金) 演題発表を行いました。

糖尿病網膜症を合併する高齢 2 型糖尿病患者の特徴: 横断研究 

京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻1)、御所南はらしまクリニック2)、 西村 亜希子 1)、 原島 伸一 1) 2)

講演活動

講演発表のみ

2019年

DM CIRCLE in 宇治

4月3日(水)

糖尿病フレイルに適した基礎インスリン療法

京都糖尿病治療集談会

3月28日(木)

高齢者糖尿病の治療のポイント

SGLT2阻害薬Up to Date

3月28日(木)

ファーストラインとしてのSGLT2阻害薬

超高齢社会における高齢者のトータルケア(日本・京都府医師会)

3月23日(土)

高齢者糖尿病のフレイルリスクを考慮したトータルケア

膠原病・リウマチ疾患のトー立つケアを考える会

3月22日(金)

糖尿病薬物治療のABC

糖尿病EXPERT MEETING

3月14日(木)

SGLT2阻害薬+メトホルミン

第34回京都糖尿病医会地域学習会

3月9日(土)

糖尿病とむずむず脚症候群

京都北部地区糖尿病チーム医療を考える会

3月6日(水)

食行動パターンを考慮した糖尿病治療

和泉クリニカルカンファレンス

3月2日(土)

DPP-4阻害薬がもらたす臓器保護効果

トレシーバサテライトダイアログ

2月27日(水)

糖尿病フレイルに適した基礎インスリン療法

グリニドルネッサンス in 和歌山

2月7日(木)

糖尿病薬物治療を考える~平均血糖と血糖変動の重要性~

西和糖尿病セミナー

1月26日(土)

高齢者糖尿病治療について

2018年

京都南部糖尿病UPDATE

12月12日(水)

ベーサルインスリン製剤の特徴を理解し使いこなす

 

京都府北部インスリン治療講演会

11月28日(水)

 

糖尿病フレイルに適した基礎インスリン療法

 

日経メディカルオンライン

10月30日(火)

 

ベーサルインスリン製剤の特徴を理解し使いこなす

 

大正富山社内勉強会

10月26日(金)

薬物療法のエッセンス~2型糖尿病治療薬の第1選択薬を考える~

 

MSD社内勉強会

10月24日(水)

 

薬物療法のエッセンス~2型糖尿病治療薬の第1選択薬を考える~

 

第33回日本糖尿病合併症学会・第24回日本糖尿病眼学会

10月20日(土)

 

行動変容を促す血糖自己測定のエビデンス

 

第5回日本糖尿病医療学学会

10月7日(日)

糖尿病患者に寄り添う注射療法~GLP-1受容体作動薬の可能性~

 

Insulin Interactive Webinar in Hokkaido

10月5日(金) 

いま求められる持効型溶解インスリン

 

北摂津糖尿病治療セミナー

10月4日(木) 

糖尿病性フレイルの特徴と糖尿病治療

 

著書・論文等

診断と治療 2019年3月

「持続血糖モニタリングの今後」というタイトルで、進化する血糖測定機器に関してまとめました。

http://www.shindan.co.jp/books/index.php?menu=03&zcd=2

Ther Adv Endocrinol Metab 2019 March 5

糖尿病に特有のフレイル・サルコペニア進展リスクは男女で異なることが明らかとなり論文がアクセプトされました。ご覧ください!

https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/2042018819833304

FASEB J 2019 Feb 21

膵β細胞、消化管K細胞・L細胞に発現しインスリン分泌とインクレチン分泌を同時に調整するSKIP分子の生理的な役割が論文になりました!是非ご覧ください。

https://www.fasebj.org/doi/abs/10.1096/fj.201801783RR

カラダネ 2019年2月

ミルク酢の効果が公開されました。https://www.karadane.jp/articles/entry/news/007733/

 

わかさ 2019年2月号

ミルク酢が血糖値上昇に及ぼす効果について執筆しました。

TREND SEMINAR ARCHIVE

Live特別号2018

糖尿病合併症学会で講演した内容、「行動変容を促す血糖自己測定のエビデンス」が冊子になりました。

栄養科学大辞典 2018年11月

疾病の栄養と栄養管理に関する最新の概念などが多数紹介されています。小児、思春期の異常を担当。